2019/05/07

ドアノブの解体図から外し方を考える

ウチがはまってしまったドアノブの
トラブルですが、ドアノブが
空回りしてしまう事案もありました。
部屋のドアが開くことができません。
もうお手上げ状態です。
レバータイプではありません。
古いタイプのもので量産型の銀で
アルミのような素材です。
トイレなどので見かけるものです。



ドアノブは回るのですが、力が伝わってなく、閉じ込められたからには笑うしかなかったです。

業者に頼むのも気が引けるほど、チープな素材のドアノブなので自分直したいと思い
いろいろ興味をもってドアノブについて調べました。
その中でよりわかりやすい、ベストなサイトを探しています。

下のサイトが家庭的なドアノブの解体の手順を解説してくれていますので、紹介します。
木製ドアのドアノブの取り替えについての解説なのですが
画像にそって手順を示し、さらに、使用する工具でのアドバイスまで
説明してくれています。わかりやすく、ありがたいです。

木製ドアのドアノブの取り替え方
http://kikukou.blog.fc2.com/blog-entry-43.html


ドアノブとラッチのの注意点についても
指摘があって親切です。ご参考におすすめします。

posted by よりよい生活に向けて取り組む委員会 | ドアノブの解体図から外し方を考える
前の記事 > ドアクローザーの調整方法 | 次の記事 > ドアノブ・レバーハンドルの交換